実践事例 > 小学校5年> 理科 > 4人以上1台タブレット

電磁石のひみつ

電磁石のひみつ~「あるもの」の正体~

いつもの授業に+α! 理科実験にロイロノートを取り入れ、学習を深める授業を展開します。

電磁石単元の導入として実践しました。
まず、エナメル線などを円形に巻いたものを「コイル」と呼び、コイルに電気を流すと、磁石の力を持つことを児童が確認します。
次に、市販の強力電磁石を使い、乾電池1本で、天井からぶらさがる様子を見せました。
コイルの中に「あるもの」が入っていることを伝え、それを調べる学習活動に入ります。
「チームで協力し、『あるもの』を調べ、ロイロノートでまとめプレゼンせよ!」というテーマで実際の活動に入りました。
「あるもの」の候補として、鉄、アルミ、銅、真鍮、ガラス、木の6つを教師が用意しました。
乾電池につないだコイルに候補となる6つのものを順番に入れて、その強さを調べていきました。
その時の活動の様子をロイロノートで記録・整理し、最後にグループごとにプレゼンをして共有しました。



宝仙学園小学校
吉金 佳能教諭


ロイロノート導入のメリット

・これまでの授業に、ロイロノートを導入したことで、
①これまで以上に良く考え実験に取り組む
②グループ内での対話が増えた
③発表に積極的になった
という姿が見られました。

・学習内容の理解度に関しても、ノート記述、そしてテストの結果を見るに例年よりも高かったと言えます。
前回の実験の記録がタブレットに映像として残っているため、自然とふり返りができたことも、その大きな要因だと考えます。



実践の目標

・コイルに電気を流すと磁石の力を持つことを知り、コイルの中に鉄を入れることで、強力な磁石「電磁石」となることを、実験を通して調べ、理解する。

・活動の記録をとり、みんなにわかりやすく、グループの実験結果と考察を伝えることができる。



実践の場面

1. 電磁石の導入を確認する

電磁石の導入として、エナメル線に乾電池で電気を流している様子を見せた。
それをそのまま、方位磁針に近づけるとわずかに反応する。
さらに、エナメル線を1巻きして方位磁針に近づけると少し反応が強くなり、一気に5巻きするとその反応がより強まることを確認した。
エナメル線などを円形に巻いたものを「コイル」と呼び、コイルに電気を流すと磁石の力を持つことを確認した。



2. 電磁石のひみつについて認識する

市販の強力電磁石を使い、乾電池1本で天井からぶらさがる様子を見せる。
実際に見せた後、「これもコイルです。でも、ある秘密があります。それはコイルの中に『あるもの』が入っているのです!『あるもの』とは何でしょう?」と問いかけ、本時の活動をスタートした。



3. 「あるもの」について考える

まずは個人、次にグループで考えさせた後、全体でそれぞれの考えを共有する。
その後に、「チームで協力し、『あるもの』を調べ、ロイロノートでまとめてプレゼンせよ!」というテーマで実際の活動に入った。
今回は「あるもの」の候補は教師が用意した。
市販教材として、鉄、アルミ、銅、真鍮、ガラス、木の6つを準備。
また、コイルも予め作っておいた100回巻きのものを使用した。



4. 実験を開始する

実際に実験を通して、「あるもの」を調べていく。
乾電池につないだコイルに、候補となる6つのものを順番に入れて、その強さを調べていく。
磁力の強さを調べる方法は自分たちで考えさせた。
クリップの引きつけられた個数や方位磁針の様子で進めるグループが多かった。



5. 実験結果を整理し、まとめる

実験しながらロイロノートのカメラを使って、写真や動画で結果を記録する。
記録した写真や動画カード、手書きカードを整理する。
グループで、どうすればより伝わるのかを話し合って、カードを並び替えたり、カードにかき加えたりしていた。



6. プレゼンを行う

ロイロノートでつくった資料を使って、「あるもの」の正体について、各グループ1分以内でプレゼンをする。 プレゼンを聞く方には、メモをとリながら聞くことをすすめた。
全10グループのプレゼン後、個人で今回のテーマに関しての考察を書き、ノートを提出。次時にまとめを行った。